ACラボ-ウェブ集客情報-

2013-01-27

あなたのサイトのアクセス数を20倍以上にUPする簡単な10の方法

アクセス解析のイメージ

今回は簡単にアクセス数をUPする方法をご紹介する。

次の3つがポイントとなる。

  1. アクセス流入経路を増やす(自然検索、ブログ、SNS、etc.)
  2. クリック率を高める
  3. リピーターを確保する

上記の3つが重要なポイントだという事を認識した上で、以下でご紹介する方法について読み進めて頂きたい。

1. 競合性が低く、検索ボリュームの多いキーワードを選ぼう

SEO in Philadelphiaの調査では、検索順位とクリック率の関係は次のようになっている。

1位(15.08%)2位(10.26%)3位(7.32%)・・・10位(1.84%)

つまり、検索順位が高ければ、クリック率は高くなり、アクセス増に繋がる。競合性の低いキーワードの方が検索上位を狙い易い。

更に、検索ボリュームが多ければ、その分アクセス数を増やす事ができる。だから、キーワードは競合性が低く、検索ボリュームの多いものを選ぼう。

例えば、キーワードツールでSEO関連のキーワードを調べた結果は下図だ(左から順に「キーワード」「競合性」「検索ボリューム」)。ご覧の通り、キーワードによってこれだけ、競合性と検索ボリュームに差がある。

キーワードツールで「SEO」関連のキーワードの調査結果

これから新たにサイトやページを作る場合には慎重にキーワードを選ぼう。また、既存のページについても、キーワードを見直すだけで、検索ボリュームの多いキーワードでの上位表示も可能だ。

2. キーワードをtitleタグ、h1タグに含める

htmlタグの中で、特にtitleタグとh1タグは検索エンジンが重みを置いている重要なタグだ。狙ったキーワードで検索エンジンにヒットさせるために、上記1.の方法で選んだキーワードをtitleタグとh1タグには必ず含めよう。

3. クリックされ易いタイトルをつけよう

検索結果の上位に表示されても、ユーザーにとって魅力的なタイトルでないとクリック率は低くなる。だから、タイトルは魅力的なものにしよう。クリックされ易いタイトルにするためのポイントは次の3つだ。

  1. 誰に向けてのページなのかを明確にする
  2. 具体的な数字を入れる
  3. 競合ページと差別化したタイトルにする

参考として、この記事のタイトルの例を以下に示す。

ページタイトルの例

4. タイトルは31文字以内にしよう

詳細は後で紹介するが、アクセスUPのためにSNSを活用する。その際、タイトルの文字数は31文字がベストだ。例えば、「twitter」でtweetする場合、タイトルが31文字だと途中で折り返されず、タイトルが見易くなる(下図)。

31文字のタイトルがtweetされた場合のタイムライン表示

31文字以内のタイトルにしておけば、その他のSNSや検索エンジンの検索結果でも、タイトルが途中で省略されるなどの事がなくなる。例えば、「はてブ」の人気エントリーページに掲載された場合、表示されるタイトルの文字数は31文字までだ。32文字以降は「・・・」と省略されてしまう。

5. ビジネスブログを導入しよう

今やビジネスブログは、アクセスUPに必須のツールだ。ブログと言っても、日記のような徒然ブログではない。ユーザーにとって価値のある情報を提供するブログだ。ターゲットを明確にして、ブログのテーマを決め、ターゲットが困っていたり探している情報を発信しよう。

ユーザーのニーズにマッチした情報を発信できれば、ブログ記事にユーザーが集まってくる。そのユーザーを商品ページなどへ誘導すれば良いのだ。

例えば、このブログは、ホームページ制作会社のサイト内に設置してあるビジネスブログだ。ホームページ制作会社なので、ウェブ集客のノウハウや情報が豊富にある。だから、ブログ全体のテーマはウェブ集客にしている。ターゲットは、ウェブの集客に困っていたり、ウェブ集客のノウハウや情報を探しているユーザーだ。そして、ターゲットユーザーがどんな情報を探しているかを調査して、記事を投稿している。

ちなみに、ユーザーがどんな情報を探しているかは、キーワードツールを使って調べる事ができる。例えば、キーワードツールでSEO関連のキーワードを調べた結果は下図だ(左から順に「キーワード」「競合性」「検索ボリューム」)。

キーワードツールで「SEO」関連を調べた場合の結果

ユーザーが探していそうな情報のうち、上記1.の方法で紹介したように、競合性が低く、検索ボリュームの多いキーワードを選び、そのキーワードをテーマにブログ記事を作成しよう。上記の例では、赤で色づけしたキーワードがそれに該当する。競合性が低く、検索ボリュームの多いキーワードを選べば、検索上位表示が可能となる。

6. ブログ記事を増やしロングテールSEOを狙おう

ビジネスブログを導入したら、記事をどんどん投稿しよう。上記1.の方法で紹介したように記事のキーワード選びを上手に行えば、それぞれの記事が検索結果の上位に表示され、各記事にユーザーが集まってくる。これがロングテールSEOだ。

ちなみに、ブログ記事を作成する時は、上記1.~3.の方法は必須なので忘れないようにしよう。

7. ソーシャルボタンを設置し、ユーザーに拡散してもらおう

サイトとブログにソーシャルボタンを設置しておくと、拡散してくれるユーザーがいる。そして、拡散されたリンク経由でサイトやブログへ訪問してくるユーザーを獲得できる。

お勧めのソーシャルボタンは、利用ユーザー数が多く拡散のスピードが速い「facebook」と「Twitter」、今後が注目される「Google+」、後から記事をじっくり読んでくれる「はてなブックマーク」だ。

ソーシャルボタン

8. SNSを活用してユーザーをサイトやブログに誘導しよう

「facebook」の国内利用者数は16,000人を超えており、SNSはビジネスツールとして欠かせない存在だ。ブログの記事を投稿したらSNSを使って宣伝しよう。

ユーザーがSNSを使う目的の一つは情報収集だ。従って、面白いブログ記事やユーザーのためになるブログ記事の場合には拡散され易い。ブログ記事が拡散されれば、拡散されたリンク経由でブログへ訪問してくるユーザーを獲得できる。

9. メールマガジンを発行してユーザーをサイトやブログに誘導しよう

メールマガジンはもう古いとの意見もあるが、読者を数千、数万と獲得できれば、強力なアクセスUPツールとなる。メールマガジンに「ブログを更新しました」や「読者限定のセールを開催します」などと、リンクを貼って、サイトやブログへ誘導しよう。

10. RSSを配信してリピートユーザーを獲得しよう

あなたやあなたのブログの熱心なファンは、定期的にサイトやブログをチェックしてくれるかもしれない。しかし、そうではないユーザーも存在する。

そんなユーザーをサイトやブログのリピーターにするのが、RSSだ。RSSを配信すれば、ブログの更新情報などがユーザーに届くため、それを見たユーザーがサイトやブログを訪れてくれる可能性が格段に高まる。

良質なコンテンツがポイント

今回、ビジネスブログの活用をご紹介した。ブログ記事を作成する時に大切なのが、コンテンツの質だ。ユーザーのニーズに一致するコンテンツの作成を心がけよう。

コンテンツがユーザーに高く評価されれば、SNSで拡散されるし、リピーターも確保できる。結果として、多くのユーザーが集まってくる。

質の高いコンテンツを作成するためには、まずはキーワードツールを使ってユーザーがどんな情報を求めているかを調査しよう。次に競合サイトを分析して競合サイトに不足している情報は何か、他にどんな情報があればユーザーのニーズに応える事ができるかと言った観点でコンテンツを作成しよう。

この記事が役に立ったら共有をお願いします

無料ツール
【SEO診断チェックシート】
Google公式ガイドラインに沿った50項目

無料ツール『SEO診断チェックシート』

あなたのWEBサイトに問題がないかチェックしてみませんか?

このSEO診断チェックシートは、こんな人にオススメです。

  • 検索順位がなかなか上がらない
  • ある時から検索順位が下がった
  • アクセス数が伸び悩んでいる

このツールを使えば、Googleが公開している「検索エンジン最適化スターターズガイド」に沿った50項目でサイトを診断できます。

是非、貴社のWEBサイトの診断にご活用下さい。

無料ツールをダウンロード 

集客に強いWEBサイト制作

最新の記事情報の取得はこちら

「いいね!」ボタンを押すと、最新の記事情報がFacebookに届きます。

「フォローする」ボタンを押すと、最新の記事情報がTwitterに届きます。