JUST-WEB

ホームページを開設したら絶対必要な3つのチェック項目

前回(第4回)までは、サイト開設前に重要となるテーマについてご説明してきました。

今回からは、ホームページ開設後に必要な内容についてお伝え致します。

特に商用サイトの場合、その最終目的はコンバージョンを獲得して、売上に繋げる事です。

ホームページは放って置いては、なかなか売上に繋がる事はありません。

サイトの現状を正確に把握して、様々な対策を継続的に行っていく事で、アクセスを獲得し、ユーザーをコンバージョンへと導く事が可能になります。

そこで、今回は、ホームページを開設したら、何を指標としてサイトの現状を把握すれば良いのかをテーマにご説明します。

2つの分析ツール

ホームページを開設したら、まずはサイトの各種データを収集するために、次の2つのツールを導入します。

ウェブマスターツール

ウェブマスターツールは、検索ワードやクリック数、平均掲載順位、外部リンク数やリンク元などのデータを提供してくるツールです。

また、サイトに重大な問題がある場合には、Googleが警告メッセージを届けてくれます。

更に、ウェブマスターツールを使って検索エンジン向けのサイトマップを送信する事ができ、 これを行う事で、効率的にページをインデックス(Googleにページを登録)させる事が可能になります。

インデックス数を確認する事もできます。

Google Analytics

Google Analyticsは、ウェブマスターツールより詳細なデータを提供してくれます。

例えば、ユーザー数、訪問時の平均滞在時間、新規訪問とリピート訪問の割合などです。

ここでは、Google Analyticsの使い方に関する説明は割愛致しますが、Google Analyticsを使うと、アクセス数だけではなく、ユーザーがサイト内でどんな行動を取っているかまで知る事ができます。

そして、それらの情報を基に、コンバージョン率を上げるためにホームページのどの部分に改良を加えればよいかのヒントを得る事ができます。

3つのチェック項目

ウェブマスターツールやGoogle Analyticsなどを使い、次の3つの項目をベースに分析します。

検索順位

ホームページを公開後、ウェブマスターツールを使って検索エンジン向けサイトマップをGooleに送信すると、早ければ数時間、遅くても1週間以内にサイトが検索エンジンに登録(インデックス)されます。

サイトがインデックスされると検索結果に引っかかるようになり、検索順位を確認できるようになります。

競合の少ないニッチなキーワードの場合には、サイトを開設して直ぐに検索結果の1ページ目以内に表示される事もありますが、 大抵は1ページ目に表示される事はないと思っておいた方が良いでしょう。

また、検索順位は日々変化しており、ホームページ公開後は一時的に高い順位に表示され、その後、下がって本来あるべきところに落ち着くという挙動をとる場合があります。

従って、サイト開設後は1ヶ月程度を目安に静観して順位が落ち着くのを待ち、その後にSEO対策をスタートさせます。

SEO対策をスタートする時には、検索順位だけではなく競合サイトの分析もして、適切な施策を継続していけば、基本的にはランクを上げる事が可能です。

検索ランクは高ければ高い程、アクセス数が増えます。

ですから、検索順位は重要なチェック項目で、日々変化しますので、最低でも週に1度は確認します。

ジャストウェブでは、SEO対策は当社が主導で行いますが、お客様の協力が不可欠です。

従って、お客様にも検索順位を確認するようにして頂きたいと思います。

ユーザー数

このサイトでも便宜上、アクセス数という言葉を使っていおりますが、アクセス数という言葉は実は曖昧な言葉です。

なぜなら、アクセス数と言った場合、ページビュー数と捉える方もいれば、ユーザー数と捉える方もいるからです。

例えば、3人のユーザーがサイトを訪れ、それぞれ4ページを閲覧した場合には、ページビュー数は12(3人×4ページ)、ユーザー数は3となります。

特に商用サイトの場合、その最終目的は売上に繋げる事です。

従って、見込み客が何人来ているのかが重要になりますので、 チェック項目としては、ページビュー数ではなく、見込み客数に相当するユーザー数の方を重視します。

ユーザー数のデータは、Google Analyticsから得る事ができます。

検索順位が上がってくると、通常はユーザー数も増えてきます。

ユーザー数が増えれば、通常はコンバージョン数も増えます。

ですから、ユーザー数はとても重要な指標です。

お客様にもGoogle Analyticsをご利用頂けますので、お客様にもこの指標を確認するようにして頂きたいと思います。

コンバージョン率

検索順位が上がり、ユーザー数が増えてくると、コンバージョン(成約)を獲得できるようになります。

この時、コンバージョンの数そのものも大事な指標となりますが、それよりも割合(率)が更に大事な指標です。

なぜなら、コンバージョン率が2倍になれば、売上は2倍になるからです。

ですから、コンバージョン率は重要なチェック項目とします。

コンバージョン率は、サイトのデザインやキャッチコピーを変更するなどして高める事ができます。

詳しくは第8回の「ABテスト」でご説明します。

ここでは、コンバージョン率が大事なチェック項目であると認識して頂きたいと思います。

3つのチェック項目だけで十分?

今回、ホームページ開設後に絶対必要な3つのチェック項目をご説明致しました。

もちろん、このチェック項目以外にも、様々なチェック項目で多面的にサイトを分析すると、サイトの問題点や改善点をより深く知る事ができます。

例えば、Google Analyticsでは、ユーザーがページを訪問した時の滞在時間を知る事が出来ます。

滞在時間がわずか数秒という場合には、そのページがユーザーを惹きつける事に失敗していると推測できますので、コンテンツ改良が必要かも知れません。

このように多面的に分析する事で、様々な仮説を立てる事が可能になります。

つまり、検索順位・ユーザー数・コンバージョン率は重要なチェック項目ですが、それだけでは十分な情報を得られません。

しかし、ホームページの制作をご検討中の皆様には、検索順位・ユーザー数・コンバージョン率が重要なチェック項目だという事を認識して頂ければそれで十分です。

ご契約後は、その他のチェック項目についてご説明致しますし、サイトの分析は当社が主導で行いますのでご安心下さい。

まとめ

このページを読んで頂いた方は既にご理解されていると思いますが、検索順位とユーザー数には相関がありますので、抱き合わせで使用するチェック項目です。

一方、コンバージョン率は、検索順位とユーザー数よりも、コンテンツに依存します。

つまり、検索順位とユーザー数をアップする対策と、コンバージョン率をアップする対策は別物で、並行して行っていく必要があります。

検索順位とユーザー数をアップする対策は主にSEO対策になります。

コンバージョン率をアップする対策はLPO対策になります。

ジャストウェブでは、SEO対策とLPO対策を標準対応しており、お客様のホームページが売上に繋がる事を目指しております。

お問い合わせ

  • お電話の方
  • Tel. 044-819-6695
  • 営業時間:平日9時~17時

新規サイト制作やリニューアルについて、検索順位やアクセス数の課題など、お気軽にご相談ください。
日本全国ご対応可能です。北は北海道~南は宮崎まで実績があります。