JUST-WEB

ホームページのコストを抑える方法

サイトにかかる費用をできるだけ抑えたいという方は多いのではないでしょうか。 しかし、単に安ければ良いという訳ではないと思います。

特に商用サイトをご検討中の方は、費用をおさえつつも、売上に繋げたいとお考えだと思います。

そこで、ホームページにかかる料金を最小化にして、尚且つ、売上に繋げる=コストパフォーマンスを極大化する方法をご紹介します。

どんな費用がかかるの?

制作会社によって料金体系は様々ですが、コストの種類は概ね下記になります。

初期費用

サイト制作基本料金
殆どのホームページ制作会社は、基本となる料金プランを用意しています。 例えば、「10ページ 39,800円」などです。これがサイト制作基本料金です。
オプション料金
上記のサイト制作基本料金以外に必要な場合のみ付加される費用です。 例えば、基本のページ数を超える場合のページ追加料金や、ヘッダ画像をFlashに使う場合に追加される料金などです。
サーバー・ドメインの初期費用
ホームページの開設にはサーバーとドメインが必要になります。 これらの初期費用は、上記のサイト制作基本料金に含まれている業者もあります。

運用費用

ページ更新・追加料金
サイトを開設した後に、ページを更新したり追加する時に掛かる料金です。 制作会社によっては、この費用がその都度発生するケースと、月額固定料金で対応してくるケースがあります。
SEO対策費用
SEO対策とは、検索エンジンの検索結果の上位に表示させる事です。 ホームページを売上に繋げるためには、検索上位に表示させる必要があります。 これは一時的な事で完了するものではなく、継続的に行う必要があります。 制作会社によっては、継続的なSEO対策をサポートしていない業者もあります。
成約率向上のためのサイト調整費用
ホームページを売上に繋げるためには、訪問者を成約(資料請求や問い合わせ、商品購入など)に誘導する必要があります。 成約率向上のためのサイト調整費用とは、訪問者の反応を見ながらデザインやコピーなどを調整するのにかかる費用の事です。
サーバー・ドメインの運用費用
サーバーとドメインの運用に必要となる費用です。

運用費をしっかり見積もりましょう

ホームページは開設したら終わりではなく、必ず運用が必要になります。

例えば、新着情報の更新や、新商品を発売した時のページ追加などです。

制作会社にサイトの運用を委託する場合には、このような運用コストが必要になります。

始めて業者に委託するお客様の中には、運用コストの事をお考えになっていない方も多くいらっしゃいます。

運用コストを予め考慮していないと、ホームページ公開後に想定外の出費が必要になってしまいますので、しっかり見積もっておきましょう。

運用コストで重要なのは、上記でご説明した「SEO対策費用」「成約率向上のためのサイト調整費用」です。

取りあえずホームページが持てれば良いという方は別ですが、商用サイトをご検討中の方は、売上に繋げたいとお考えだと思います。

売上に繋げるためには、「SEO」と「サイト調整」は必ず必要になります。

その理由を以下でご説明します。

ホームページは、検索結果の1ページ目に表示されないと殆どクリックされる事はありません。

ですから、検索結果の1ページ目に表示されたい訳ですが、キーワードによっては検索上位を即座に獲得する事は実はとても難しい事です。

そのため、SEO対策を継続的に行っていく必要があります。

また、その対策が成果をあげて検索結果の1ページ目に表示されるようになったからと言って、必ずしも売上に結びつく訳ではありません。

取り扱う商品やサービスをサイト上で、上手にPRしないと訪問者はサイトを離れてしまうからです。

訪問者を成約(資料請求や問い合わせ、商品購入)に繋げるためには、訪問者の反応を見ながら、サイトのデザインや、商品のキャッチコピーなどを調整する必要があります。

このように、ホームページを売上に繋げるためには、運用段階における「SEO」と「サイト調整」が必要になります。

従って、運用コストの中では、「SEO対策費用」と「成約率向上のためのサイト調整費用」をしっかり見積もっておく事が大切なポイントになります。

この「SEO対策費用」と「成約率向上のためのサイト調整費用」をしっかり見積もっておき上手に運用すれば、コストが投資にかわり最短期間で成果を上げる事が可能になります。

一方で、これらを無視してしまうと、結果としてホームページが売上につながらず、制作コストや運用コスト(単純なページ更新などの費用)が全て掛け捨てになってしまう恐れがあります。

総額を抑えるポイント

1. オプションは後からつける

総額を抑えるという事は、初期コストと運用コストをそれぞれ抑えるという事ですが、 初期コストをおさえる上でのポイントはオプション費用です。

特に商用目的のホームページの場合、最終的な目的は売上に繋げる事ですから、 例えば、ヘッダ画像にflashを使うか否かなどは、サイト訪問者の反応を見てから検討すべきです。

オプションを色々と付ければ、見栄えが良く、使い勝手の良いサイトになるかも知れませんが、 売上に繋がるかどうかは別の問題です。

ですから、オプションは後から付けた方が得策ですし、そうする事で初期コストを格安に抑える事が可能になります。

2. 必要投資と考える

前項でご説明した通り、ホームページを売上に繋げるためには、「SEO対策」と「成約率向上のためのサイト調整」が必ず必要になります。

確かに、これらにお金を掛けなければ、総額コストを抑える事になります。

しかし、「SEO対策」と「成約率向上のためのサイト調整」に投資をしないと、結局はホームページが売上に繋がらず、 かかった費用が全て掛け捨てコストになる恐れがあります。

従って、これらの費用は必要投資と考えて、且つ、これらの費用を如何に抑えながら成果を最大化させるかを考えましょう。

低料金で大きな成果を目指します

ジャストウェブの基本方針は「売上に繋がるWEBサイトを最高のコストパフォーマンスでご提供する」です。ですから、毎月固定のメンテナンス(運用サポート)費用の中で、「SEO対策」と「成約率向上のためのサイト調整」を行っております。

他社の場合、メンテナンスとして「SEO対策」と「成約率向上のためのサイト調整」まで行っている業者は少なく、単純なページ更新程度のサポート内容の業者が殆どです。

また、SEO対策などを専門で行っている業者も存在しますが、当社よりも高額のところが大半です。

当社の場合には、毎月固定の金額内で、「SEO対策」と「成約率向上のためのサイト調整」を行っておりますので、低コストでホームページを売上貢献ツールに育てる事が可能です。

ホームページを売上に繋げたいという方は是非、当社にご相談下さい。

お問い合わせ

  • お電話の方
  • Tel. 044-819-6695
  • 営業時間:平日9時~17時

新規サイト制作やリニューアルについて、検索順位やアクセス数の課題など、お気軽にご相談ください。
日本全国ご対応可能です。北は北海道~南は宮崎まで実績があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加